Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Good Day to Die

this is my story

  1. Conflictへの興味関心>平和研究

平和のためのConflict Resolusionというよりは、Conflictそのものに興味があります。(両親の離婚調停の中で仲裁役のようなものを長くなっていたという経緯からというのはあるかもしれません)平和を作るのは、小さな一歩しかできないから、だったらいっそちょっと平和の視点は少し外して見ようと思いました。

ぶつかった時の背後にあるものだったり、またそれを踏まえた上でどう解決するかだったりというのを考えるのは難しくも本当にワクワクします。やはりビジネスにしろ国際社会にしろ利害重視になりがちですが、利害重視にしろそれ以外の(例えば人道的視点など)ものが重視されるにしても、お互いが納得する形で解決しなければまたConflictになるので、いかにその”点”を探すかが本当に大切だと思います。(寮の運営もたのしいです。笑)

国連・政府・NPOなどの、紛争や貧困といった大きなところはもちろん、ビジネスの中でのconflict(利益のぶつかりであったり、M&Aや海外進出による、環境や地元住民とのconflictなど様々)からもっと小さなところで言えば日常的な人間関係(特に結婚と離婚の問題)まで、関心があり、前者二つを仕事にして、最後は自分自身の生き方としてアプローチができるのかなと思っております。就職するのであればコンサルティングなどはどうかなと思っていますが、それはビジネスのコンフリクトという点からです。大きなconflictはアカデミクスと実務の行き来をしながら関われたらいいな、と思っています。

そういったことを考える中で、介入や開発、配分などJusticeの問題や、平等とは何かの議論などは欠かせない視点です。”生きた”法は、その”点”の最たるものであり、常にexperimentによっての法や保護を考えて行く必要があります。

経済は、いかにゼロサムでないものにできるか、という点で学んで生きたいと思っています。数学はあまりやってこなかったのでメジャーにはできないことと、数式の計算よりは経済哲学をやりたいなという感じです。そういったことから、法哲学・政治哲学・経済哲学などを学びながらケースとして、開発や紛争などを中東やアメリカやラテンアメリカなどから見ていきたいなあという感じです。

どうキャリアや学びを組み立てたらいいか悩んでいますが、それは目の前のことを頑張って入れば自然に付いてくるものだと思って、あまりそればかりにしがみつかないようにしています。

政治哲学と一般的に括られているものとしては、「正義ってなに?」「正しさってなに?」というGlobal Justiceの問題は、興味をもってきた一つのテーマです。この冬学期は、「What could be "harm" in the 21st century and What’s the limits of the power which can be legitimately exercised by society over the individual?」というテーマのエッセイを、Freedom of Speechの事例をケースとして、J.S.MillのOn Libertyを引用しながらから書きました。そこでも書きましたが、常に持っておかなければいけないのは、価値の多元性を認めることと、かつそれが何を産みうるかという視点だと思います。

私の平和研究(current)

人間って面白いよね。

人間は毎日変わっていくし、どの人といるかで出る面も違うから、その人がどういう人かっていうのはその人が死ぬまでわからないんじゃないかな?

 

最近多様性ブームだけど、資本主義の軸の中での"多様性"ではなくて、

相田みつを「みんな違ってみんないい」的なほんとうのいみでの多様性ってそういうところなんじゃないかなーと思います。

※あえて多様性とただ書くのではなく"多様性”とクオーテーションをつけた意味↓

easykaiwa.seesaa.net

多様性の話は近々また書きますね

 

私が平和研究とか格差とか紛争とか言いながら最終的に目指しているのは、

「それぞれがそれぞれのベストを尽くせること、そしてそれぞれが自分をそしてお互いを尊重しあえる社会を作ること」

なのかな、と。それが私にとっての平和なんじゃないかなあって思います。

そのために今存在する機会の不平等や格差(職・教育・情報、いろいろ)とか、

理不尽さに押しつぶされてる状況とか、

ベーシックニーズが足りてないとか、

そういう、みんなのベストを妨げてる要因を少しでもなくせたら良いよね。

それは小さい頃から変わらない私の人生の軸・coreの部分だし、勉強も就活も結婚も全部これに沿ってきて(行く)のだろうなあと思います。

 

基本的に、それらを達成するためには

  • 第一に命の保障
  • 第二に生活・ベーシックニーズの保障
  • 第三に生き方・心・権利の保障

という三つのステップがあるのかなと思っていて。

1が達成されていない地域では当然2も3もなくて。だって命危ない時にお金がどうとか心の豊かさどうとかってならないでしょ?

主に、

  • 比較的1はシリアやパレスチナ等に端を発する紛争地、また、一部ラテンアメリカやアフリカの極端に治安の悪い地域(麻薬やギャングがらみなど)

(学問アプローチ)

  ←紛争解決学

  ←マクロ経済等々

  • 2は貧困にあえぐ地域、1とほぼほぼかぶるけれど。これは数え切れないほどあるよね。国内でも国外でも格差は縮まるどころか広がるばかりだし、ほぼそれに比例して教育や政治や情報や諸々の格差も広がっている。特にアメリカ、日本の階層間格差はすごいし、南北問題・南南問題も深刻だよね。映画の「タイム」オススメです。

  ←マクロ・ミクロ経済学

  ←政治学

  ←正義とは何か〜とか

  ←国際関係学

  ←哲学

+もろもろ

  • 3は命も保障され、そこまで貧困にもあえいでおらず、しかし心の貧しさが近年指摘される先進国について主に言えるのではないかと思います。先学期は小説「モモ」を引用しつつ、これに関連するエッセイを書きました。「星の王子様」とかもこの類なんじゃないかなー。

  ←平和研究

  ←社会学

  ←人類学

 +もろもろ

みたいな感じかなー。って思ってて。

 

今までは、どういう方向で勉強するかっていう軸とかthesisみたいなものを、どちらかというと総合的な視点から固めていたんだけれど、マクロな視点のものはだいぶ明確になってきた(気がする)ので

今後は特に一つか二つのトピック(格差なら経済とか政治とか、戦争紛争関連なら政治学心理学国際関係学、とか)に絞って勉強なりインターンなりしていこうかなと思います。たのしみ。

 

大きな夢だけど、もし諦めてなんにもしなかったら、何にも変えられないから。少しずつ、何か変えられたらいいなあ。

 

mari

 

 

 

 

 

Note:How to change myself shining from inside and outside

How to change yourself shining from inside and outside

-How I accepted myself and came to be able to love myself-

 

1,Do what to do perfectly.

You often feel lazy to do ,

And sometimes feel nothing to do.

But try not to escape from the thing.

If you don't,the moment you feel emptiness will decrease I swear.

To finish something can make you feel good so much and can be 爽やかな世界の住人.

And that's first step to love yourself.

But *notice:never never blame yourself even when it's not done properly,okay?

The thing you should blame on is the thing, not yourself.

 

2,Enjoy the moment! / Not thinking too much

For example,「今日はあったかくて気持ちいいなあ」

「わ、この穴可愛いワニさんみたい」

Treasure your 素直な心。

 

3,Be filled with lots of appreciation!